Evernote、ロゴデザインをはじめとした「Evernote」のブランドを刷新 − サービス開始10周年を迎え

本日、Evernoteが、サービス開始から10周年を迎えたことから、ロゴデザインをはじめとした「Evernote」のブランドを刷新したことを発表しました。

Evernoteは2008年6月24日に「すべてを記憶する」をミッションとしてサービスを開始したものの、この10年間で、「すべてを記憶する」だけでなく、「アイデアを形にする」や「共同作業を行う」ことへのニーズが高まってきたため、Evernoteのミッションも「人々が本当に大切なことに集中できるようサポートする」というものへと進化してきたそうで、今回のブランド刷新では「これらのミッションを実現することでより良い世界に変えていける」という前向きさ、明晰さ、自信といった3つのメッセージが込められているとのこと。

ロゴデザインのリニューアルについては、前向きさ、明晰さ、自信といった3つのメッセージを反映し、より洗練されたものに変更されており、特徴である「象のロゴ」については、”ロゴの形状を柔らかく”、”「めくれ」をより大きく”、”象の顔のパーツを修正”、”色使いを見直し”の4項目で再考され、「Evernote」のフォントも力強いグリーンのロゴマークに負けないような、大胆かつバランスのとれた書体が必要となった為、セリフ体の「Caecilia」から「Publico」へと変更されています。

なお、「Evernote」のブランド刷新に関する詳細は下記リンク先をご覧下さい。

Evernote – 公式サイト
ニュースリリース
Ever Better: Refreshing the Evernote Brand

3 COMMENTS

匿名

そういえばこんなサービスがあったな。。

匿名

一応、黒字復活したのにな。
OneNoteにシェア抜かれたけど。

現在コメントは受け付けておりません。