Foxconn、次期「iPhone」シリーズの量産を本格的に開始 − 4つのモデルが存在??

Appleは今年9月に新型「iPhone」シリーズを発表し、発売するものと予想されますが、生産を請け負うFoxconnが、新型「iPhone」の本格的な量産を開始したようです。

次期「iPhone」はFoxconnの鄭州工場で生産され、Foxconnの従業員は新型「iPhone」のことを801、802、803、804の4種類の番号で呼んでおり、801と802はステンレス筐体で有機ELディスプレイを搭載した「iPhone X」の後継モデルである5.8インチモデルとその大型モデルの6.5インチモデルとみられています。

また、803と804はアルミ合金製の筐体で、液晶ディスプレイを搭載した6.1インチモデルとみられており、2つのバージョンの違いは分かっていませんが、中国向けのSIMカードスロットを2つ搭載したモデルと海外向けの通常モデルの2モデルではないかと予想されています。

[via 新浪科技, EMSOne

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。