Foxconn、次期「iPhone」シリーズの量産を本格的に開始 − 4つのモデルが存在??

Appleは今年9月に新型「iPhone」シリーズを発表し、発売するものと予想されますが、生産を請け負うFoxconnが、新型「iPhone」の本格的な量産を開始したようです。

次期「iPhone」はFoxconnの鄭州工場で生産され、Foxconnの従業員は新型「iPhone」のことを801、802、803、804の4種類の番号で呼んでおり、801と802はステンレス筐体で有機ELディスプレイを搭載した「iPhone X」の後継モデルである5.8インチモデルとその大型モデルの6.5インチモデルとみられています。

また、803と804はアルミ合金製の筐体で、液晶ディスプレイを搭載した6.1インチモデルとみられており、2つのバージョンの違いは分かっていませんが、中国向けのSIMカードスロットを2つ搭載したモデルと海外向けの通常モデルの2モデルではないかと予想されています。

[via 新浪科技, EMSOne

2 COMMENTS

匿名

早くラインナップ知りたいなぁ
2年ユーザーで年末買い替えだから期待したい

匿名

5年は寝かせんと歴長くなってく毎に感動もクソもなくなってくるよ

現在コメントは受け付けておりません。