「au HOME」、「Google Home」との連携を強化 − Alexa対応スマートスピーカーでも利用可能へ

本日、KDDIが、2018年8月7日以降、「au HOME」において「Google Home」との連携の強化、他スマートスピーカーとの連携、「シーン設定機能」の追加、「au HOMEデバイス」の拡充、料金プランの追加などを行うことを発表しました。

「Google Home」向けに新しいコミュニケーション機能を追加し、「Google Home」に呼びかけるだけでコミュニケーションを取りたい家族の「au HOMEアプリ」へ通知を送れるため、スマホが手元に無くても家族に連絡を取ることが可能になるとのこと。

また、従来の「au HOME」対応スマートスピーカーは「Google Home」のみだったものの、今回全ての「Googleアシスタント」、「Amazon Alexa」(echo、echo dot等) に対応したスマートスピーカーでも利用可能になります。

さらに、今回「シーン設定機能」の追加では、「au HOMEデバイス」間でも連携が可能となることで、例えばドアが開閉したことを検知した場合、エアコンや照明をつける、消すなどができるようになり、「au HOMEデバイス」のラインアップ拡充では、部屋のインテリアに合わせて選べるカラーバリエーション豊かな各種センサーや、屋外で設置可能なネットワークカメラなどが用意される他、「au HOMEおすすめセットプラン」には「リモコンセット」が新たに用意されます。

ニュースリリース
au HOME

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。