次期「MacBook」への搭載が予想される第8世代CoreプロセッサのYシリーズが一部詳細が明らかに

Dellがチリの公式サイトで公開した「Nueca 2-in-1 XPS 13」の詳細ページNextLab501で、Intelの第8世代Core Yプロセッサである「Amber Lake」(コードネーム)が掲載されている事が分かりました。

同プロセッサは先月に開催されたCOMPUTEXで少しだけ情報が発表されたモデルで、今回、下記の3つのプロセッサの存在が確認されており、現行モデルと同じ2コア/4スレッドですが、動作周波数が引き上げられています。

【Core m3 8100Y】
 ・コア数/スレッド数:2コア/4スレッド
 ・動作周波数:1.1GHz(2Core TB時=2.7GHz/1Core TB時=3.4GHz)

【Core i5 8200Y】
 ・コア数/スレッド数:2コア/4スレッド
 ・動作周波数:1.3GHz(2Core TB時=3.2GHz/1Core TB時=3.9GHz)

【Core i7 8500Y】
 ・コア数/スレッド数:2コア/4スレッド
 ・動作周波数:1.5GHz(2Core TB時=3.6GHz/1Core TB時=4.2GHz)

Yシリーズプロセッサを搭載する「Mac」は12インチの「MacBook」で、現時点で新型「MacBook」に関する情報はあまりないものの、もしかしたら今秋あたりに上記プロセッサや第3世代バタフライキーボードを搭載して発売されるかもしれません。

[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。