iFixit、「MacBook Pro (2018)」の13インチモデルの分解レポートを公開

iFixitが、先日発売された「MacBook Pro (2018)」の13インチモデルの分解レポートを公開しています。

分解レポートに利用されたのは13インチモデルの基本モデルで(Core i5/8GB/256GB)、分解して分かったことは、2017年モデルよりもバッテリーの容量が大きくなっており、2017年モデルは5セル(196.7g/58wh)のバッテリーだったものの、2018年モデルは6セル(232.7g/49.2 Wh)のバッテリーが搭載されています。
(MacBook Pro全体の重さやバッテリー駆動時間は両モデルとも変わらず)

また、8GBのRAMはSKhynix製、256GBのSSDは東芝製となっており、スピーカーの形状が変更されている他、電源アダプタが”A1947″というモデル番号の新しいモデルに変更されていて(旧モデルはA1718)、内部構造の再設計やシールドの追加、耐衝撃性ゴム、USB-Cポートの素材変更(金属⇒プラスチック)などが行われています。

なお、分解し易さを示すスコアは10点満点中1点となっており、CPUやRAM、SSDなどはロジックボードに半田付けされていてユーザー自身で修理・交換出来ないことや、キーボード、バッテリー、スピーカーなどが一緒に接着されていることから単体で交換出来ないことなどが理由に挙げられています。

iFixit

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。