「MacBook Pro (2018)」のSSDは超高速である事がベンチマークテストから明らかに

Laptop Magが、先日に発売された「MacBook Pro (2018)」の13インチモデルの各種ベンチマークの結果や、同クラスのWindows搭載ノートとの比較を公開しています。

テストに使用された「MacBook Pro (2018) 13インチ」は上位モデル(Intel Core i5 2.3GHz/8GB RAM/512GB SSD)の標準仕様で、「Dell XPS 13 (Core i7搭載)」、「HP Spectre 13」、「Huawei MateBook X Pro」、「Asus ZenBook 13」、「Microsoft Surface Book 2」といった同クラスのWindows搭載ノートと比較されています。

SSDやGPUなどの比較テストが行われていますが、中でもSSDの速度テスト(ファイルコピーテスト)では、Appleが最大3.2GB/sのシーケンシャルリード、最大2.2GB/sのシーケンシャルライト速度を誇る飛ぶように速いSSDと謳うだけあって、「MacBook Pro (2018) 13インチ」が2,519MB/秒という断トツの結果となっており、Mac向けのディスクスピードのベンチマークアプリ「BlackMagic Disk Speed」でも2,682MB/秒という結果が出ており、4.9GB相当のデータを約2秒でコピーし終わったそうです。

ただ、Appleの新しいファイルシステム「APFS」は、Instant Cloningと呼ばれる技術でファイルのコピーを高速化するように設計されているようで、今回のテスト結果はその技術の影響も大きいものと考えられます。

なお、Laptop Magには、他にも「Geekbench 4」、「Handbrake」での動画変換、「Excel」でのマクロテスト、「Dirt 3」を用いたGPU性能などのテスト結果も掲載されているので、是非ご覧下さい。

MacBook Pro (2018)

[via MacRumors

スポンサーリンク