「iPhone」、日本発売10周年を迎える

本日7月11日をもって、Appleの「iPhone」が日本で初めて発売されてから10周年を迎えました。

米国では日本よりも1年早く「iPhone」が発売されていましたが、日本では10年前の2008年7月11日に初めて「iPhone」が発売されました。

日本で最初に発売された「iPhone」は「iPhone 3G」で、Appleとソフトバンクがパートナーを組み発売され、「iPhone」としては2代目のモデルで、OSには「iPhone 2.0」が搭載され、3Gのデータ通信規格HSDPAに対応し、先行販売が行われたソフトバンク表参道では1400人以上が並んだことが話題になりました。

また、「iPhone 3G」の発売と共にアプリストアこと「App Store」のサービスも開始され、こちらも本日をもってサービス開始から10周年を迎えています。

なお、下記が当時のプレスリリースとなります。

ソフトバンクとアップル、iPhone 3Gを7月11日より日本で発売 – Apple

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。