次期「iPad」がFace IDに対応することを示す新たなヒントが「iOS 12 beta」から見つかる

以前より次期「iPad」はFace IDに対応すると噂されており、これまでにはそのことを示すヒントがいくつか見つかっていますが、MacRumorsによると、「iOS 12」のベータ版から次期「iPad」がFace IDに対応することを示す新たなヒントが見つかった事が分かりました。

ヒントを見つけたのは開発者のSteven Troughton-Smith氏で、同氏によると、アニ文字の機能に使用されているソフトウェアフレームワークである「AvatarKit」が「iPad」に対応している事が分かったそうです。

現行の「iPad」シリーズにはTrueDepthカメラが搭載されていない為、アニ文字も利用出来ないのですが、今回のヒントから次期「iPad」にはTrueDepthカメラが搭載され、Face IDも利用可能になるものと予想されています。

なお、次期「iPad」の発売時期はまだ不明ですが、遅くとも今秋の次期「iPhone」シリーズと共に発売されるものと予想されます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。