次期「iPhone」の6.1インチモデルの新たなレンダリング画像が登場

今秋に発売される次期「iPhone」シリーズは、5.8インチと6.5インチの有機ELディスプレイ搭載モデルと6.1インチの液晶ディスプレイ搭載モデルの計3モデル構成になると噂されていますが、BGRが、6.1インチの液晶ディスプレイ搭載モデルと同モデル用とされるケースのレンダリング画像を入手し公開しています。

この画像は信頼出来る情報筋から入手したものだそうで、サードパーティのケースメーカーであるGhostek製のケースに収められた6.1インチ版次期「iPhone」が描かれており、製造工場から流出した詳細な図面に基づいて作成されたものとみられています。

また、この画像を提供した情報筋は過去にも正確な情報を提供しており、Appleの計画に精通した他の情報筋からもこのレンダリング画像のデザインが正確であることを確認済みとのこと。

なお、レンダリング画像から分かることは、ノッチ(画面上部の切り欠き)やホームボタンの廃止など、「iPhone X」と同じデザインを採用しており、リアカメラはシングルレンズカメラとなっています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。