Microsoft、次期「HoloLens」を今年後半に発表か − ARMベースのプロセッサを搭載との情報も

昨日、Microsoftは拡張現実ウェアラブルコンピューター「HoloLens」の次期モデルを2019年第1四半期に発売することを計画しているようだとお伝えしましたが、本日、The Vergeが、計画に精通した関係者の話として、Microsoftは今年後半に次期「HoloLens」を発表する予定のようだと報じています。

Microsoftは今年後半に次期「HoloLens」の詳細を発表する予定で、ARMベースのプロセッサを搭載し、バッテリー駆動時間を延ばす方向でテストを行っているそうで、最新世代のKinectセンサーやパフォーマンスを向上させるカスタムAIチップなども搭載されるようです。

なお、発売時期については、昨日の情報通り”2019年”を予定しているようです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。