Microsoft、2018年6月のセキュリティ更新プログラムをリリース

本日、Microsoftが、2018年6月のセキュリティ更新プログラム(月例パッチ)の情報を公開しました。

Microsoftnewlogo1500

今月は全部で11件で、深刻度が一番高い「緊急」が9件、2番目に高い「重要」が2件となっており、Internet Explorer、Microsoft Edge、Microsoft Windows、Microsoft Office、Microsoft Office Servers および Web Apps、ChakraCore、Adobe Flash Playerの脆弱性が修正されます。

また、今月の「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」では、新たにPowerShell/Xurito、Win32/Adposhel、Win32/CoinMinerに対する定義ファイルが追加されています。

なお、各パッチともWindows Updateよりダウンロード及びインストールが可能で、各パッチの詳細はこちら

2 COMMENTS

匿名

KB4284835インストール後、何度再起動されても更新が保留される不具合発生中。
なおインストールの履歴を見るとインストール済みになっている。

匿名

我が家も一時期、一台がそうだった。
フィードバックHubに報告した。

現在コメントは受け付けておりません。