次期「Apple Watch」のデジタルクラウンやサイドボタンはセンサー式に??

FastCompanyが、Appleの計画に詳しい情報筋の話として、次期「Apple Watch」の本体側面には現行モデルと同じくデジタルクラウンとサイドボタンが配置されるものの、どちらもソリッドステート式(センサー式)になるようだと報じています。

ソリッドステート式と言えばTaptic Engineによる触覚フィードバックが特徴の「iPhone 7/8」のホームボタンが代表的で、次期「Apple Watch」では本体側面のボタンがソリッドステート式ボタンに変更され、デジタルクラウンについてもソリッドステート式になるものの、引き続き回転させることは可能なようです(回転はするがボタンとしては押し込めないといった感じ)。

なお、このソリッドステート式のボタンは今年発売されるであろう次期「Apple Watch」から採用される可能性があるが、今年発売されるモデルに採用されなかった場合、来年発売のモデルには採用されるものとみられています。

また、ソリッドステート式のボタンを採用することで耐水性が向上するとみられており、内部についてもスペースの削減に繋がり、より大きなバッテリーを搭載出来るようになるとみられています。

また他にも、Appleは心拍リズムなどの健康関連のデータを測定するために、ソリッドステート式ボタンの表面に新しいセンサーを搭載することにも取り組んでおり、ユーザーはこのセンサーに触れることでより詳しい測定が出来るようになるとのこと。

スポンサーリンク