「macOS 10.14 Mojave」、OSなどのシステムソフトウェアアップデートは「システム環境設定」で行う仕組みに

本日、「macOS 10.14 Mojave」が正式に発表され、開発者に対しベータ版がリリースされましたが、その「macOS 10.14 Mojave」では、これまで「Mac App Store」の”アップデート”タブで行っていたシステムソフトウェアアップデートが「システム環境設定」で行う形に変更されている事が分かりました。

「システム環境設定」には新たに「ソフトウェア・アップデート」の項目が用意されており、そこでOSのアップデートやセキュリティアップデートが行えるようになっています。

なお、「Mac App Store」には”アップデート”タブは残されており、各種アプリのアップデートは引き続き「Mac App Store」の”アップデート”タブで行う仕組みとなっています。

[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。