米Microsoft、「GitHub」の買収を正式に発表

米Microsoftが、ソースコードのバージョン管理ツールを利用した共有ウェブサービスを提供する「GitHub」を買収することを正式に発表しました。

買収額は75億ドル(約8,200億円)で、買収は年末までに完了する予定で、「GitHub」のサービスは引き続き提供されます。

また、「GitHub」の売上げはクラウドビジネスを中心とするインテリジェントクラウド部門に組み込まれ、新CEOにはXimianの創設者でMicrosoftのコーポレートバイスプレジデントであるナット・フリードマン氏が努め、現CEOのクリス・ワンストラス氏はMicrosoftの技術者になる予定です。

ニュースリリース(英語)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。