ソフトバンク、新プラン「おてがるプラン」を発表 − 使用量に応じて3段階の定額料が自動的に適用され月額1,980円から

本日、ソフトバンクが、利用の少ないユーザー向けに、データ使用量に応じて3段階の定額料が自動的に適用され、通話料を含めて月額1,980円からスマホを利用できる「おてがるプラン」を2018年6月29日から提供すると発表しました。

「おてがるプラン」は、基本プランの「スマ放題」「スマ放題ライト」のいずれかと、専用の新しいデータ定額サービス「データ定額(おてがるプラン専用)」に加入して、スマホをお得に利用できる料金プランとなっています。

「データ定額(おてがるプラン専用)」は毎月のデータ使用量に応じて3段階の定額料(1GBまで、2GBまで、3GBまで)が自動的に適用され、対象機種を購入の上、「おてがるプラン」に加入することで、データ使用量が1GBまでなら通話料を含めて月額1,980円から利用可能です。

対象機種は、iPhone SE、Android One S3、DIGNO J、HUAWEI nova lite 2、シンプルスマホ4で、購入にあたり「半額サポート」を選択できますが、月月割、一括購入割引は適用されないので注意が必要です。

また、「おてがるプラン」の提供開始に伴い、「スマホデビュー割」と「ワンキュッパ割」の申し込み受け付けを6月28日をもって終了するとのこと。

なお、詳細は下記リンク先をご覧下さい。

ニュースリリース

スポンサーリンク