任天堂、「N64」の商標登録を出願 − 「ミニNINTENDO64」発売に向けた準備か

任天堂が、「N64」の商標登録を出願していたことが分かりました。

出願日は今年4月26日で、申請区分は電子ゲーム用プログラムやおもちゃとなっており、「N64」は「NINTENDO64」の略称で、今回の商標登録の出願から「ミニNINTENDO64」が登場するのではないかと話題になっています。

任天堂は昨年7月にも欧州で「NINTENDO64」のコントローラーに関する商標登録の出願を行っていたことが明らかになっており、この時も「ミニNINTENDO64」の登場が期待されましたが、現時点ではまだ何も発表はありません。

実際に「ミニ NINTENDO64」が登場するのかはまだ分かりませんが、収録ソフトは、スーパーマリオ64、マリオカート64、ゼルダの伝説 時のオカリナ、ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ、マリオパーティ、どうぶつの森、スターフォックス64、ウェーブレース64などでしょうか。

「ミニスーパーファミコン」の次は「ミニ NINTENDO64」が登場か

[via cnBeta

4 COMMENTS

匿名

正直ファーストパーティ以外のゲームが皆無だからある種の落ち目の歴史を若い世代に宣伝するようなもんになりそう。

匿名

ミニ〇〇も64までかなぁ…

これ以降は安い中華チップじゃエミュレートするのきつそう

現在コメントは受け付けておりません。