米Microsoft、大画面端末の新モデル「Surface Hub 2」を発表

本日、米Microsoftが、大画面端末「Surface Hub」の新モデルである「Surface Hub 2」を発表しました。

「Surface Hub 2」は、50.5インチ/4K+のマルチタッチディスプレイに、4Kカメラ、内蔵スピーカー、遠距離(ファー・フィールド)マイクアレイなど搭載し、ベゼルレスのデザインが特徴で、複数台を並べて利用することも可能。

また、画面を回転させてポートレートモード(縦向き)、ランドスケープモード(横向き)のどちらでも利用出来る他、マルチユーザーサインイン機能を搭載し、複数のユーザーが同時に利用することが可能です。

なお、年内に一部顧客でテストを開始し、2019年に発売予定ですが、現時点では価格は不明です。

Microsoft、今年前半に次期「Surface Hub」を発表へ