Microsoft、今年前半に次期「Surface Hub」を発表へ

Microsoftが、大画面端末「Surface Hub」の次期モデルを今年前半に発表する予定であることが分かりました。

次期「Surface Hub」が開発中であることはMicrosoftから正式に確認されたもので、今年前半に詳細を明らかにする予定とのことで、今年5月に開催される「BUILD 2018」で発表されるものとみられています。

なお、次期「Surface Hub」は「Aruba」というコードネームで開発されており、詳細な仕様は不明なものの、ハードウェア設計の改良と新しいソフトウェア機能が予想されており、ソフトウェア面の新機能はアップデートにより初代「Surface Hub」でも利用可能になるようです。

[via Thurrott

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。