Microsoft、今年前半に次期「Surface Hub」を発表へ

Microsoftが、大画面端末「Surface Hub」の次期モデルを今年前半に発表する予定であることが分かりました。

次期「Surface Hub」が開発中であることはMicrosoftから正式に確認されたもので、今年前半に詳細を明らかにする予定とのことで、今年5月に開催される「BUILD 2018」で発表されるものとみられています。

なお、次期「Surface Hub」は「Aruba」というコードネームで開発されており、詳細な仕様は不明なものの、ハードウェア設計の改良と新しいソフトウェア機能が予想されており、ソフトウェア面の新機能はアップデートにより初代「Surface Hub」でも利用可能になるようです。

[via Thurrott