米Google、「Googleドライブ」の有料版のブランド名を「Google One」に改称

本日、米Googleが、クラウドストレージサービス「Googleドライブ」の有料版を「Google One」に改称することを発表しました。

無料版はそのまま「Googleドライブ」として残り、有料版のみ「Google One」に自動的に切り替わる予定で、このブランド名変更に伴い、1TBプランは価格据え置き(月額9.99ドル)で2TBプランに拡充される他、新たに200GBプラン(月額2.99ドル)が追加されます。

更に、家族最大5人までと1つのクラウドストレージを共有出来るファミリー共有機能や1タップで24時間年中無休のスペシャリストによるサポートが受けられるサービスも利用可能になります。

なお、「Google One」はまず米国で提供が開始され、今後数ヶ月かけて順次既存のユーザーを「Google One」に移行していく予定で、日本では最新情報が受け取れる公式ページが既に登場しています。

[via ITmedia

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。