「Windows 10 April 2018 Update」で東芝製SSD搭載デバイスのバッテリー寿命が低下する問題、6月の月例パッチで修正か

Microsoftが先日リリースした「Windows 10 April 2018 Update」にアップデートすると、東芝の「XG4」シリーズ、「XG5」シリーズ、「BG3」シリーズのSSDを搭載しているデバイスでバッテリ寿命が低下する可能性がある問題が報告されており、同社が同問題を認識し、修正に向け取り組んでいる事が分かりました。

MicrosoftはOEMパートナーおよび東芝と強力して同問題の修正に取り組んでおり、修正アップデートのリリース時期は6月上旬になるとのことなので、6月の月例パッチ(6月13日リリース予定)で修正されるものと予想されます。

この問題が発生している状況で、修正を待つことができない場合は、こちらの手順で前のバージョンの「Windows 10」に戻すことが案内されています。

なお、Microsoftのコミュニティでは、「Windows 10 April 2018 Update (バージョン1803)」へアップデートした後によくある質問がまとめられているので、何か不具合がある方は一度ご覧下さい。

Windows 10 April 2018 Update (バージョン 1803) のよくある質問

[via Softpedia

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。