「Googleアシスタント」を搭載したスマートディスプレイが7月に登場へ

本日、米Googleが、開催中の開発者向けカンファレンス「Google I/O 2018」において、音声アシスタントの「Googleアシスタント」と小型のディスプレイを搭載した「スマートディスプレイ」を今年7月に発売することを発表しました。

(画像はLenovoの「Smart Display」)

「スマートディスプレイ」は、スマートスピーカーにタッチ操作対応のディスプレイを搭載した端末で、スマートスピーカーの機能に、ビデオ通話やGoogle Photoの写真閲覧、YouTubeの動画視聴、カレンダーの確認、地図の表示などが可能です。

なお、「スマートディスプレイ」は、LenovoやJBL、LGなどの各メーカーから発売される予定で、Lenovoの「Smart Display」は8インチと10インチの2モデル構成で、価格は199〜249ドルとなっています。

ニュースリリース(Google)
ニュースリリース(Lenovo)

[via The Verge

2 COMMENTS

匿名

Echo Spotは分かるけどEcho Showやこの手の大きめのディスプレイだと
タブレット買った方が良いのでは?と思ってしまう。

匿名

タブレット端末とこのスマートディスプレイの違いってなんなの?

現在コメントは受け付けておりません。