次期「iPhone」の6.5インチモデルは「iPhone 8 Plus」と同サイズか ー 5.8インチと6.1インチモデルの新たな情報も

次期「iPhone」シリーズは5.8インチと6.5インチの有機ELディスプレイを搭載した2モデルと、6.1インチの液晶ディスプレイを搭載した1モデルの計3モデル構成になると噂されていますが、本日、Macお宝鑑定団Blogが、信頼出来るサプライヤー情報筋の話として、次期「iPhone」の6.5インチモデルは「iPhone 8 Plus」と同じサイズとなるかもしれないと報じています。

ただ、リアカメラの実装形式が変わるため、厚みは0.2mmほど増すようです。

次に、6.1インチモデルについては、TrueDepthカメラが搭載され、HUAWEI nova lite 2、Moto G5 Plusに近いサイズで、6.1インチではなく6インチの液晶ディスプレイが採用されるかもしれないとのこと。

また、同モデルのリアカメラについては、1つだけで、デュアルカメラ仕様では無いようです。

更に、5.8インチモデルについては、現行と同じ筐体を採用するものの、カメラセンサーが大型化されるのに合わせて、レンズも大型化される他、「iOS 12」では本体を横にしても「Face ID」を使用してロック解除出来るようになるようです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。