次期「iPhone」の6.5インチモデルは「iPhone 8 Plus」と同サイズか ー 5.8インチと6.1インチモデルの新たな情報も

次期「iPhone」シリーズは5.8インチと6.5インチの有機ELディスプレイを搭載した2モデルと、6.1インチの液晶ディスプレイを搭載した1モデルの計3モデル構成になると噂されていますが、本日、Macお宝鑑定団Blogが、信頼出来るサプライヤー情報筋の話として、次期「iPhone」の6.5インチモデルは「iPhone 8 Plus」と同じサイズとなるかもしれないと報じています。

ただ、リアカメラの実装形式が変わるため、厚みは0.2mmほど増すようです。

次に、6.1インチモデルについては、TrueDepthカメラが搭載され、HUAWEI nova lite 2、Moto G5 Plusに近いサイズで、6.1インチではなく6インチの液晶ディスプレイが採用されるかもしれないとのこと。

また、同モデルのリアカメラについては、1つだけで、デュアルカメラ仕様では無いようです。

更に、5.8インチモデルについては、現行と同じ筐体を採用するものの、カメラセンサーが大型化されるのに合わせて、レンズも大型化される他、「iOS 12」では本体を横にしても「Face ID」を使用してロック解除出来るようになるようです。

5 COMMENTS

匿名

将来でかくすればするほど売れると思ってた時代があったとか言われそう

匿名

まあデカいモデルを追加したら合算で売り上げが伸びたのは事実なわけで、今回は端末サイズを変えずに画面をデカくしてるから今のPlusの端末サイズが限界ってところでしょう。

匿名

まあ6と6s辺りは元々あった世界的需要からブーストかかってたけど、Apple自身がインチのトレンドに振り回されて迷走してる感じあるな、もうそろそろバシっとラインアップ決めろと。
実際サイズがどうこうで売れ上げが今も変化してるとは思えないし不安なんだろうなあ。

匿名

ノッチの部分がどうなるかだな、ノッチのベゼルは狭くなると随分前に噂されてたけど。

匿名

6インチがベストじゃないかな?
6.5の8plusをギャルが両手で高速で使ってて器用だと思ったけどデカすぎるし

現在コメントは受け付けておりません。