次期「iPhone」シリーズに搭載される「A12」プロセッサの性能、「A11 Bionic」に比べ約24〜30%向上か

プロセッサ関連の情報をリークしている@i冰宇宙氏が、Appleの次期「iPhone」シリーズに搭載される「A12」プロセッサの「Geekbench 4」のベンチマークスコアに関する情報を公開しています。

「iPhone X」や「iPhone 8/8 Plus」に搭載されている「A11 Bionic」プロセッサの「Geekbench 4」のベンチマークスコアは、シングルコアが4,200、マルチコアが10,000となっていますが、「A12」プロセッサのスコアは現在のところシングルコアが5,200、マルチコアが13,000とのことで、24〜30%ほどパフォーマンスが向上しているそうです。

過去の各プロセッサの「Geekbench 4」のスコアをまとめると下記の通り。

 シングルコアマルチコア
A125,20013,000
A11 Bionic(iPhoen X/8)4,20010,000
A10 Fusion(iPhone 7)3,4005,500
A9(iPhone 6s)2,3004,000

同氏がこの情報をどういった経緯で入手したのかは不明で、情報がどこまで正しいのか分かりませんが、同氏は昨年も「A11 Bionic」プロセッサのベンチマークスコアに関する情報を発表前に報じており、その時はマルチコアのスコアが実際のスコアとは誤差があったので、今回の情報もあくまで噂として考えておいた方が良さそうです。

次期「iPhone」シリーズの「A12」チップは7nmプロセスを採用

Geekbench、「iPhone X/8/8 Plus」のベンチマークスコアを正式に公開

1 COMMENT

匿名

A11ですら化け物みたいな性能なのにそこからまだアップするんですね
ここまで来るとMacのAシリーズ移行、本気ですね…

現在コメントは受け付けておりません。