6秒動画共有サービス「Vine」の後継サービス、プロジェクトを無期限に延期

2017年1月をもってサービスを終了した6秒動画共有サービス「Vine」の創業者であるDom Hofmann氏が、後継サービス「Vine 2」(仮称)に取り組んでいることを示唆していましたが、昨日、「Vine 2」のプロジェクトが無期限に延期されたことが分かりました。

Dom Hofmann氏は、延期の理由について法律上および財政上の理由と述べており、資金調達に問題があり、プロジェクトを継続するには時間と資金が必要とのことで、「Vine 2」の登場はあまり期待出来ない状況となっています。

なお、「Vine」はDom Hofmann氏が2012年に設立したものの、その後、Twitterに買収され、2013年に正式にサービスを開始し、一時はかなりの人気を博していましたが、開発元のTwitterの大規模な人員削減と利用者の減少により2017年1月にサービスを終了しており、現在は「Vine Camera」アプリで6.5秒のループ動画を作成し、Twitterに投稿可能となっています。

[via The Verge

6秒動画共有サービス「Vine」が「Vine 2」となって復活か