NTTドコモ、利用データ量に応じて4段階の定額制料金が適用される新プラン「ベーシックシェアパック」と「ベーシックパック」を発表

本日、NTTドコモが、ユーザーの利用データ量に応じて4段階の定額制料金が適用となる「ベーシックシェアパック」と「ベーシックパック」の提供を、2018年5月25日より開始することを発表しました。

家族で利用のユーザー向けの「ベーシックシェアパック」は5GBで6,500円から、一人で利用のユーザー向けの「ベーシックパック」は1GBで2,900円からとなっており、それぞれ4段階の定額制料金になり、利用データ量に応じた料金が段階的に適用されます。

「ベーシックシェアパック」と「ベーシックパック」は、家族内の通話が無料となる「シンプルプラン」と合わせてご利用可能で、「docomo with」「ずっとドコモ割プラス」を適用することで、例えば家族3人で「ベーシックシェアパック」を契約の場合は、一人あたり月1,980円から、一人で「ベーシックパック」を契約の場合は、月2,480円からスマートフォンを利用出来ます。

なお、本プランの提供開始に伴い、「シェアパック5/10/15」「ビジネスシェアパック5/10/15」「データSパック」「データMパック」は、2018年5月24日をもって新規申し込み受付を終了するとのことで、現在契約中のユーザーについては、継続して利用可能です。

ニュースリリース
公式サイト

スポンサーリンク