「Microsoft 翻訳」アプリがオフラインでも利用可能に

本日、Microsoftの翻訳アプリ「Microsoft 翻訳」が、オフラインでの利用にも対応しました。

オフライン機能はAndroidiOSAmazon Fire版で利用可能で、アラビア語、中国語(簡体字)、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語、タイ語の言語で利用可能となっています。

また、最新版ではデベロッパーにオンライン・オフライン両方でテキスト翻訳を可能にするローカル機能 (プレビュー内)の追加や会話モードの改善、デフォルト言語オプションの改善なども行われています。

なお、オフラインに対応したアプリの最新版は本日より提供が開始されていますが、iOS版のみAppleの審査により数日遅れでの提供開始となります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。