DropboxのiOS向け公式アプリ、「iPad」でのドラッグ&ドロップや全画面表示に対応

本日、Dropboxが、iOS向けの公式アプリをアップデートし、最新版のバージョン92.2をリリースしました。

今バージョンでは、iPadでの全画面表示に対応し、プレビューペインを折りたたむことで長いファイル名を表示できるようになった他、ドラッグ&ドロップに対応し、Dropbox上のファイルをタップして長押しし、ドラッグ&ドロップで移動できるようになりました。

また、外出中に誰かが自身のファイルへのアクセス権をリクエストした場合などに備えて、スマートフォンでプッシュ通知を受けて、いつどこにいてもアクセスを許可できるようにもなっています。

なお、同アプリの価格は無料です。

Dropbox – Dropbox
 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。