「watchOS」は将来的にサードパーティ製の文字盤をサポートか

9To5Macによると、「watchOS 4.3.1」のシステムファイル内に、将来的にサードパーティ製の文字盤をサポートすることを示唆するコードが見つかったことが分かりました。

コードが見つかったのは文字盤に関係するNanoTimeKitフレームワークの中で、現在の「watchOS」ではAppleが提供している文字盤のみ利用可能で、それをカスタマイズするくらいしか自由度はありませんが、将来的にはサードパーティが提供する様々な文字盤が利用可能になるのかもしれません。

Appleが正式にサードパーティ製の文字盤をサポートするかどうかはまだ分からないものの、もしサポートする場合、早ければ次期「watchOS」である「watchOS 5」の新機能として追加されるかもしれません。

スポンサーリンク