「watchOS 5」以降は「watch OS 1」用アプリをサポートしない模様 ー 最新ベータ版で警告が表示されるように

9To5Macによると、「watchOS」の最新のベータ版である「watchOS 4.3.1 beta」では、「WatchKit(watchOS 1)」を利用して開発された古いアプリの起動時に警告が表示されるようになっており、次期バージョンである「watchOS 5」では同アプリのサポートが終了となる可能性があることが分かりました。

警告には「このアプリは将来のバージョンのwatchOSでは動作しません。このアプリの開発者は互換性を向上させるためにアップデートする必要があります。」と書かれており、アップデートしなければ「watchOS 5」では動作しなくなることが予想出来ます。

なお、Appleは今月1日をもって、「watchOS 1」用アプリのアップデートの受付を終了しており、「watchOS 1」アプリのサポート終了は遅かれ早かれ予想出来たことで、現在は「watchOS 2 SDK」以降で開発されたネイティブアプリであることが必須条件となっています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。