Apple、「watchOS 1」アプリのアップデートの受付を2018年4月1日で終了へ

本日、米Appleが開発者に対し、2018年4月1日をもって「watchOS 1」用アプリのアップデートの受付を終了することを案内しています。


2018年4月1日以降は「watchOS 1」向けアプリのアップデートは承認されなくなり、それ以降にアップデートを申請する場合、「watchOS 2 SDK」以降で開発されたネイティブアプリであることが必須条件となります。

また同時に、「Apple Watch Series 3」と「watchOS 4」への対応を推奨しています。


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事