携帯大手3社、SMSの機能を進化させた新サービス「+メッセージ」を5月9日より提供開始へ

本日、NTTドコモ、au、ソフトバンクの携帯大手3社が、携帯電話番号だけでメッセージがやり取りできるSMS(ショートメッセージサービス)の機能を進化させた新サービス「+メッセージ」を、2018年5月9日から携帯3社のスマートフォン、タブレットを利用するユーザー向けに提供開始する予定であることを発表しました。

「+メッセージ」は、GSMAで世界的に標準化されているRCS(Rich Communication Services)に準拠したサービスで、従来のSMSでも他社携帯電話番号宛てに最大全角70文字のテキストと絵文字を送受信することができましたが、「+メッセージ」では、携帯3社のユーザー間であれば、文字数を気にすることなく携帯電話番号宛てにチャット形式でメッセージや写真、動画を送受信できるようになるとのこと。
(文字数は最大全角2,730文字まで)

また、コミュニケーションを豊かにする専用スタンプや、複数人で同時にメッセージをやり取りできるグループメッセージも利用可能です。

なお、提供開始日は5月9日の予定で、「+メッセージ」のアプリケーションをダウンロードすることで利用できるようになり、各社とも”iPhoneとiPadについては準備ができ次第、提供する予定”と案内していることから、もしかしたらiPhoneとiPadでは少し遅れて利用可能になるのかもしれません。

ニュースリリース(ソフトバンク)
ニュースリリース(au)
ニュースリリース(NTTドコモ)

スポンサーリンク