携帯大手3社、SMSの機能を進化させた新サービス「+メッセージ」を5月9日より提供開始へ

本日、NTTドコモ、au、ソフトバンクの携帯大手3社が、携帯電話番号だけでメッセージがやり取りできるSMS(ショートメッセージサービス)の機能を進化させた新サービス「+メッセージ」を、2018年5月9日から携帯3社のスマートフォン、タブレットを利用するユーザー向けに提供開始する予定であることを発表しました。

「+メッセージ」は、GSMAで世界的に標準化されているRCS(Rich Communication Services)に準拠したサービスで、従来のSMSでも他社携帯電話番号宛てに最大全角70文字のテキストと絵文字を送受信することができましたが、「+メッセージ」では、携帯3社のユーザー間であれば、文字数を気にすることなく携帯電話番号宛てにチャット形式でメッセージや写真、動画を送受信できるようになるとのこと。
(文字数は最大全角2,730文字まで)

また、コミュニケーションを豊かにする専用スタンプや、複数人で同時にメッセージをやり取りできるグループメッセージも利用可能です。

なお、提供開始日は5月9日の予定で、「+メッセージ」のアプリケーションをダウンロードすることで利用できるようになり、各社とも”iPhoneとiPadについては準備ができ次第、提供する予定”と案内していることから、もしかしたらiPhoneとiPadでは少し遅れて利用可能になるのかもしれません。

ニュースリリース(ソフトバンク)
ニュースリリース(au)
ニュースリリース(NTTドコモ)

9 COMMENTS

匿名

キナ臭い会社の使いにくいアプリは嫌う人も多いのでキャリア主導で用意してくれるのはうれしいですね
iOSとAndroidに対応で今まで嫌っていた層を取り込むことが出来れば先がありそうです

匿名

本気でMVNO潰しに来るとは思わなかった
無料でiPhone対応ならlineもiMessageもいらなくなるかもな

匿名

国産アプリって追加必須って時点で普及しないって普通わかるだろう……

匿名

MMSはそもそもドコモが未提供かつ相互接続もまともにされていないので…
メッセージ+という名前のためメッセージのみだと思っている方も多いですが、リッチコミュニケーションサービスという名の通りIP音声/ビデオ通話やコンテンツ共有などを含むものです
また、標準規格のRCSで統一されれば世界レベルで相互接続される可能性もあり、OS標準対応になることも考えられます

現在コメントは受け付けておりません。