Apple、「Final Cut Pro 10.4.1」をリリース

本日、Appleが、「Final Cut Pro」をアップデートし、最新版のバージョン10.4.1をリリースしています。

th_finalcutpro102

今バージョンでの変更点は下記の通りで、新しいフォーマット「ProRes RAW」のサポートや高度なクローズドキャプションツールの追加などが行われています。

クローズドキャプション

  • Final Cut Proプロジェクトにキャプションファイルを読み込み、接続され同期されたキャプションをタイムラインで自動的に作成
  • キャプションをビューアに直接表示
  • インスペクタを使ってテキスト、カラー、画面上の位置、タイミングを調整
  • 複数の言語とフォーマットのキャプションを同じタイムラインで作成
  • タイムラインインデックスに追加された“キャプション”タブで、テキストを検索、キャプションを選択、キャプションのバージョンをすばやく切り替え
  • タイムラインでオーディオクリップやビデオクリップにキャプションを接続
  • ビデオに埋め込まれたキャプションを抽出し、Final Cut Proで直接編集
  • ワンステップでプロジェクトをCompressorに送り、オーディオファイル、ビデオファイル、キャプション、字幕を含むiTunes Store対応のパッケージを簡単に作成
  • 検証インジケータで、キャプションのオーバーラップ、不適切な文字、無効なフォーマットなどの一般的なエラーについて即座に警告
  • 書き出すビデオファイルにキャプションを埋め込むか、別個のキャプション・サイドカー・ファイルを作成
  • キャプション付きのビデオをYouTubeとVimeoに直接共有
  • CEA-608とiTTのクローズド・キャプション・フォーマットをサポート

ProRes RAW

  • ProRes RAWファイルのサポートにより、 カメラセンサーからのRAWイメージデータをそのまま使って読み込み、編集、グレーディング
  • RAWイメージデータにより、ハイライトとシャドウの調整時に最高の柔軟性を実現。HDRワークフローに最適
  • ラップトップとデスクトップのMacコンピュータでスムーズな再生とリアルタイムでの編集が可能
  • 高効率のエンコーディングでProRes RAWファイルのサイズを縮小し、カメラのカードやストレージデバイスに保存できる素材を増量
  • ProRes RAWフォーマットは元のイメージデータがより多く保持されるため、アーカイブ用に最適
  • ATOMOSレコーダーとDJI Inspire 2ドローンで作成されたProRes RAWファイルまたはProRes RAW HQファイルにネイティブで対応

書き出し機能の強化

  • 共有パネルに追加された“ロール”タブで、タイトルロール、ビデオロール、オーディオロールを1つの統合インターフェイスに表示
  • 書き出すビデオファイルに含めるロールをすばやく表示、選択
  • タイムラインのロール設定と有効/無効の状態を共有パネルに反映
  • ビデオファイルにクローズドキャプションを埋め込むか、CEA-608またはiTTフォーマットの別個のキャプション・サイドカー・ファイルを作成

なお、同アプリの価格は34,800円ですが、既存のユーザーはMac App Store(ソフトウェアアップデート)よりアップデート可能です。

Final Cut Pro
価格: ¥34,800

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。