米Intel、ノート向けプロセッサの新モデルを発表 ー 「Core i9」やUシリーズの新モデルなど

本日、米Intelが、モバイル向け第8世代Coreプロセッサに新モデルを追加し、ノート向けでは初となる6コアプロセッサ「Core i9-8950HK」などを正式に発表しました。

新たなモデルが発表されたのは「Core i9-8950HK」を含むHシリーズと低電圧版のUシリーズで、Hシリーズの最上位モデルである「Core i9-8950HK」は14nm++プロセスで製造され、6コア/12スレッド、TDP45Wで、ベースクロック2.9GHz、最大のTurbo Boostクロックは4.8GHzとなっており、第7世代の既存製品に比べ、ゲームでは最大41%のフレームレート向上、4Kビデオ編集では最大59%高速とのこと。

また、UシリーズについてはIris Plus Graphicsを搭載し、グラフィックス性能を強化したモデルが追加されており、Intel 300シリーズチップセットを搭載し、ギガビット対応無線LAN、USB 3.1 Gen2のネイティブサポートが加えられています。

ラインナップはCore i7が1モデル、Core i5が2モデル、Core i3が1モデルの計4モデルで、ラインナップの詳細は下記の通りとなっています。

なお、これらUシリーズのプロセッサは「MacBook Pro 13インチ」に採用されており、もしかすると6月の「WWDC」あたりでモデルチェンジがあるかもしれません。

スポンサーリンク