Apple、「macOS High Sierra 10.13.4」を正式にリリース

本日、Appleが、「macOS High Sierra 10.13.4」を正式にリリースしました。

「macOS High Sierra 10.13.4」での変更点は下記の通り。

  • “メッセージ”で”ビジネスチャット”のサポートの追加(米国)
  • 外部グラフィックスプロセッサ(eGPU)のサポートを追加
  • iMac Proで特定のアプリケーションに影響するグラフィックス破損の問題を修正
  • ““Safari”でCommand+9キーを使用して右端の開いているタブへジャンプすることが可能
  • 右クリックして“表示順序…”を選択することで、Safariブックマークを名前またはURLで並べ替えすることが可能
  • “メッセージ”にWebリンクプレビューが表示されないことがある問題を修正
  • “Safari”のWebフォームフィールドでユーザ名とパスワードを選択した後のみ、それらの自動入力を許可することでプライバシー保護を促進
  • 暗号化されていないWebページでパスワードまたはクレジットカードフォームとやり取りするときに、“Safari”の“スマート検索フィールド”に警告を表示
  • Appleの機能から個人情報を使用したいと確認されたときに、データがどのように使用/保護されるかを説明するプライバシーアイコンとリンクを表示

なお、「macOS High Sierra 10.13.4」へのアップデートはMac App Storeの設定より可能です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。