次期「Apple Watch」は新しいデザインを採用し、ディスプレイサイズは15%大型化??

9To5Macによると、Apple関連の情報ではお馴染みのKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuoが、Appleは2018年第3四半期(7〜9月)に次期「Apple Watch」を発表するようだと報告している事が分かりました。

次期「Apple Watch」は、初代モデルの発売以来、初めてデザインが刷新される予定で、ディスプレイサイズが15%大きくなるそうですが、ディスプレイの大型化に伴いケースのサイズも大きくなるのかは不明で、より細いベゼルが採用されている可能性があります。

また、健康状態を記録する機能の強化やバッテリー駆動時間の向上が行われるとのこと。

現時点でそれ以上の詳細は不明ですが、前モデルと同じく9月に新型「iPhone」と共に発表される可能性が高そうです。

スポンサーリンク