「WWDC 18」では「Spotify」のApple Watch向け公式アプリが発表される??

MacRumorsが、定額制音楽配信サービスの「Spotify」が、6月に開催される「WWDC 18」でApple Watch向けの公式アプリを発表するかもしれないと報告しています。

「Spotify」のApple Watch向け公式アプリについては、昨年4月に「Spotify」に対応したサードパーティ製のクライアントアプリ「Spotty」を開発していたAndrew Chang氏が「Spotify」と協力し、「Spotty」を「Snowy」に改称して公式アプリとしてリリースすることが明らかにされていましたが、その後、Andrew Chang氏が「Spotify」に入社し、「Snowy」は依然としてリリースされていないのが現状となっています。

「WWDC 18」での正式発表の情報は匿名の未確認情報筋から寄せられたものとのことで、「watchOS 5」より利用可能になるStreamKitフレームワーク(仮名)の採用例として発表される模様。

また、このStreamKitフレームワークを利用することで、「Apple Watch」のセルラーモデルは「iPhone」を必要とせず、FacebookやTwitterなどのサードパーティ製アプリのプッシュ通知を受け取ることが出来るようになるとみられています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。