2019年に発売される次期「iPhone」はノッチのないデザインを採用か

韓国のET Newsが、Appleは2019年に発売する次期「iPhone」から「iPhone X」のような画面上部のノッチ(切り欠き)をなくすことを決めたようだと報じています。

業界筋の話によると、Appleは2019年に発売する次期「iPhone」のためにノッチのない新しいディスプレイを準備中で、そのディスプレイは有機ELディスプレイが採用されるようです。

ディスプレイのサイズや解像度、形状などの仕様はまだ確認されていないものの、「iPhone」の前面を完全に埋める長方形のディスプレイになる可能性が高いとみられています。

また、Face IDについては引き続き搭載されるものの、センサーやカメラなどをどこに配置するかは分かっていません。

なお、今年の秋に発売される次期「iPhone」シリーズは、5.85インチと6.46インチの有機ELディスプレイ搭載モデルと、6.04インチの液晶ディスプレイ搭載モデルが用意されるとのこと。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。