次期iPhoneシリーズの6.5インチモデルのディスプレイ部品の写真が流出か

今年発売される次期iPhoneシリーズは、新たに6.5インチの有機ELディスプレイ搭載モデルが登場すると噂されていますが、ベトナムからその6.5インチモデルのものとされるディスプレイ部品とデジタイザ(信号や人間の操作をデジタル化してデータとして取り込む部品)を撮影した写真が明らかになりました。

これらの部品写真はベトナムにあるLGの工場の試験生産設備で撮影されたもので、デジタイザの上部には「iPhone X」と同じくノッチ用の切り欠きが用意されているのが分かる他、フレキシブルケーブルに記載されている日付コードから2017年第46週(2017年11月中旬)に製造されたもので、数ヶ月前のものとなっています。

次の写真は、ディスプレイやデジタイザなどを組み上げた状態のものを撮影した写真で、背面の設計は「iPhone X」の同様の部品に似ているものの、同一ではありません。

「iPhone X」の有機ELディスプレイはSamsungが独占的に供給していますが、この写真の部品が本物である場合、次期モデルからはLG製の有機ELディスプレイも採用されることになります。

ただ、Android搭載スマホでも「iPhone X」のようなノッチを採用する機種が増えてきている為、この部品が「iPhone」用でない可能性もあります。

[via MacX, MacRumors

8 COMMENTS

匿名

どうみてもiPhoneです。ありがとうございました。

匿名

ノッチが狭くなってないのが気になる。まあ、狭くなるってのも噂でしかないがw

匿名

大型化の流れは止まらないか。
発表前にiPad mini4を抑えておくか悩むなあ。

匿名

mini4持ちですが、
正直A8が足を引っ張ってて、動きが鈍いです。
特にiPhoneが新しいものを使ってる人程、ストレスを感じますよ。。。

匿名

自分のiPhoneXと比べて(本当に6.5インチなら)ノッチの幅が広がってるみたいだけどセンサー増えるん?
俺は他社製品だと思う。

匿名

比率の問題ではないでしょうか。
アプリの設計であまりディスプレイの分断化は良くないので、合わせてセンサーハウジングも大きくしてあるのではないかと思います。

現在コメントは受け付けておりません。