トーンモバイル、「iPhone」でも見守りサービスが利用出来る「TONE SIM (for iPhone)」を発表

本日、TSUTAYAが提供するスマートフォンサービスの「トーンモバイル」が、子供の「iPhone」需要と、リユース携帯市場の活性化に伴う中古「iPhone」の流通拡大に対応し、挿して簡単な設定をするだけで子供の「iPhone」を見守ることができるようになる「TONE SIM(for iPhone)」を発表しました。

「TONE SIM(for iPhone)」は、トーンモバイルが販売する専用端末「TONE m17」のみで提供していた家族向け見守りサービス「TONEファミリー」を「iPhone」でも利用出来るようにしたiPhone専用SIMとなっています。

同SIMを子供の「iPhone」に挿し、簡単な設定をするだけで、親のスマホから専用アプリを使って、簡単に子供の居場所の見守り、アプリ利用などのコントロールが遠隔でできるようになる他(パソコンのブラウザからでも確認・設定が可能)、子供の行動状況をリアルタイムで把握し、乗り物に乗ったり、あらかじめ設定した場所に出入りしたりした場合に、親さまのスマホへプッシュ通知を送ることも可能です。

対応する「iPhone」は、「iPhone 5s/5c」(iOS10)以降のSIMフリー版とdocomo版で、au版とソフトバンク版はSIMロックの解除が必要となっています。

また、月額料金は1500円で、インターネット使い放題、IP電話通話基本料、メールサービス等が含まれており、音声定額などの各種オプションも用意されています。

なお、本日よりオンラインで事前受付を開始し、4月上旬から販売が開始される予定です。

ニュースリリース
公式サイト