Microsoftが開発中と噂の折りたたみ式デバイス「Andromeda」の存在が確認される

以前よりMicrosoftが折りたたみ式の2画面ディスプレイ搭載デバイス「Andromeda(アンドロメダ)」を開発していると噂されていますが、昨日にリリースされた「Windows 10 SDK」の最新ビルド(build 17095)から「Andromeda」の存在が確認出来る新たなヒントが見つかったことが分かりました。

(画像は過去に開発が中止された「Courier」)


そのヒントとはSDKのコード内に「PRODUCT_ANDROMEDA」という記述が見つかったもので、「Andromeda」の存在がMicrosoftから確認されたのは初めてとなります。

「Andromeda」は一部では「Surface Phone」とも呼ばれており、Snapdragon 845プロセッサやWindows 10の新しいバージョンである「Windows Core OS」を実行するとも言われていて、今年後半にも発売されるものと噂されています。


[via Neowin
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-0165669397468828"
data-ad-slot="6410113849">

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事