Apple、「iOS 11.3」で追加するバッテリーの状態を確認出来る機能の詳細を公開 ー パフォーマンス管理をオン/オフ出来る機能も

本日、開発者向けに「iOS 11.3 beta 2」がリリースされましたが、Appleが、その「iOS 11.3 beta 2」で利用可能になったバッテリーの状態を閲覧したり、パフォーマンス管理をオン/オフ出来る機能の詳細を公開しています。

現在のところまだベータ版の為、正式リリース時には変更される可能性があるものの、「iOS 11.3」には、バッテリーの状態を表示し、バッテリーの交換が必要な場合はそれを推奨する新機能 (対象は「iPhone 6」以降) が追加されます。

新たに追加される「バッテリーの状態」のメニューには、「バッテリーの最大容量」と「ピークパフォーマンス性能」の2つの項目が用意されており、「バッテリーの最大容量」では新品時と比較したバッテリー容量の基準を閲覧可能で、最初にアクティベートされた時点ではバッテリーの最大容量は100%ですが、化学的経年劣化が進むにつれて低下し、1回の充電で使用できる時間が短くなることがあるとのこと。

ただ、通常の条件下で使用した場合、フル充電サイクルを500回繰り返した後も本来の蓄電容量の最大80%を維持するよう設計されているそうです。

また、「ピークパフォーマンス性能」では、ピークパフォーマンスをダイナミックに管理することで突然のシャットダウンを防ぐパフォーマンス管理機能がオンになっているかどうかをユーザ自身が確認し、それをオフにできるようになっています。

この機能を無効にすると、ユーザが手動で再びオンにはできなくなり、突然のシャットダウンが発生した時に自動で再びオンになり、無効にするオプションも再度表示されるようになるとのこと。

なお、これら機能の詳細は下記リンク先をご覧下さい。

iPhone のバッテリーとパフォーマンス

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。