「Windows 10 S」は「Sモード」として全てのSKUに拡大へ

現在、「Windows 10」のSKUの1つとして、「Microsoft Store」からダウンロードしたアプリのみ実行可能な「Windows 10 S」が用意されていますが、将来的に、この「Windows 10 S」のSKUは単体での提供は終了となり、「Sモード」として全ての「Windows 10」で利用可能になることが分かりました。

Microsoftは昨年に「Windows 10 Enterprise in S mode」を2018年春に提供すると発表していますが、同社はこの「Sモード」を「Windows 10」の全てのSKUに拡大する予定で、機能制限の範囲が「Sモード」で変更されるのかなど、詳細は不明です。

また、「Windows 10 S」は無償で「Windows 10 Pro」にアップグレード可能となっていますが(2018年4月以降は有償に)、Sモードも同様に「Windows 10 Home/Education S Mode」は無料で通常版の「Windows 10 Home/Education」に、「Windows 10 Pro S Mode」は49ドルを支払うことで通常版の「Windows 10 Pro」にアップグレード可能になる模様。

[via Thurrott.com

2 COMMENTS

匿名

Windows 10 Sとは、何だったのか?
来年のポラリスも、引き続き気になる。
マイクロソフト公式発表はまだだが。
おそらく、4月以降なんだろう。

とりあえず1803がんばってくれ。

現在コメントは受け付けておりません。