今度は香港のApple Storeで「iPhone」のバッテリーが発火・発煙

Appleでは先月から古いバッテリーを搭載した一部の「iPhone」の性能抑制問題でバッテリーの交換費用の値下げ対応を実施しており、Apple Storeにはバッテリーの交換に訪れるユーザーが多くなっているのですが、そんな中、香港のApple Storeで「iPhone」のバッテリーから発火・発煙する騒ぎがまた発生しました。

騒動は現地時間の2月2日に香港にある「Apple ifc mall」で発生し、交換中のバッテリーが発火・発煙したものの、店内の客を避難させる前に消火し、大きな騒動にはならなかった模様。

この騒動により2人のスタッフが煙を吸い込んだことから気分が悪くなり、病院へ行くことになったようですが、大事には至らなかったようで、Appleはこの件に対し、軽微な事件であり、店はすぐに営業を再開し、顧客には影響がなかったことを明らかにしています。

なお、原因となった「iPhone」のバッテリーが性能抑制問題に関連したものなのかは不明ですが、Apple Storeでのバッテリーの発火事故は1月に2件起きており、恐らく、バッテリー交換時にバッテリーに何らかの負荷が掛かり発火・発煙したものと思われます。




[via South China Morning Post

7 COMMENTS

匿名

ここのApple Store親切なんだよなー。
帰るときは日本語で「じゃあね!」って言ってくれる。

匿名

例えば、数回落として衝撃など与えてる相当劣化したiPhone 6辺りでも持ってって、交換するときに軽い物理的な負荷がかかってトドメって感じなのかな〜?
でもよく分からない人からしたらNote7のときみたいに「Galaxyは爆発するからダメ」って認識起こしちゃうんだろうなあ…

匿名

まあツールでかなり力を入れないと剥がれない様にして安易に交換できなくしてるんだから自業自得だわ。

匿名

先月もスイスとスペインで発煙騒ぎが起こしてるから作業工程としては難しいんだろうね。

匿名

普段よりも多くのバッテリー交換依頼が来ることで母数が増えた結果事故が増えたという感じでしょうね
しっかりと固定しないと使用中の衝撃などで発火する可能性がありますし安易に交換できないのは仕方ないと思います
使用中の発火・発煙>>>>>>>交換時の発火・発煙ですから
バッテリーセルを交換式にするのも駆動時間やセルの容量から考えて今更無理ですし、次世代バッテリーセルが実用化されるまでのあと数年は我慢ですね

匿名

バッテリー交換or交換工程を見たことあるなら分かるけど”バッテリー自体”を交換するのにツールは要らないし、専用の引っ張る所を引っ張れば手で簡単に剥がせるようになってるんだよね

現在コメントは受け付けておりません。