Apple、2017年は19の企業を買収

Appleは昨日に同社2018年第1四半期(2017年10〜12月期)の業績を発表しましたが、その際に、2017年に買収した企業の数が19社だったことを明らかにしました。


これは同社のCFO(最高財務責任者)であるルカ・マエストリ氏が明らかにしたもので、Appleが2017年に買収した企業の一部は下記の通りで、11件のみ明らかになっており、残り8件はどのような企業を買収したのかは不明です。

・2月:RealFace(顔認識技術)
・3月:Workflow(作業自動化アプリ)
・5月:Beddit(睡眠追跡アプリ)
・5月:Lattice Data(「ダークデータ」活用するAI関連企業)
・6月:SensoMotoric Instruments(視標追跡技術)
・9月:Vrvana(ARヘッドセットの開発)
・9月:Regaind(コンピュータビジョン関連企業)
・10月:Init.ai(メッセージングアシスタント)
・10月:PowerbyProxi(ワイヤレス充電技術)
・11月:InVisage(イメージセンサ技術)
・12月:Shazam(音楽検索アプリ)


[via MacG

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事