Apple、「iPhone 7」が圏外になる問題に対する修理プログラムを発表 ー 対象端末の無償修理を実施

本日、Appleが、ごく一部の「iPhone 7」において、メインロジックボードのコンポーネントの故障により電波状況が「圏外」と表示されてしまう不具合が起きる場合があることが判明したことから、対象の端末を無償で修理する『「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム』を発表しました。

この問題が確認されているのは、2016年9月から2018年2月までの間に製造され、中国、香港、日本、マカオ、および米国で販売された「iPhone 7」で、本プログラムの対象となる「iPhone 7」のモデル番号は日本では「A1779」となっています。

なお、この問題に関してすでに有償で修理したユーザーには、Appleからメールで連絡があり、返金手続きを行うとのことで、この問題に関係があると思われる修理を有償で行ったにもかかわらず、2018年3月末までにAppleからメールで連絡がない場合は、Appleへ問い合わせて欲しいそうです。

なお、手続きの方法など、詳細はこちらをご覧下さい。

3 COMMENTS

匿名

LTE絡みですよね。
ってことはクアルコムのチップに何か問題があったんでしょうか。

匿名

2018年2月までだと相当の台数が対象だな。
うちのもたまに圏外になるけど、主に地下街だから関係なさそう。

匿名

現象としては「圏外になったまま復帰しない」だそうです。

現在コメントは受け付けておりません。