次期「iPhone」シリーズの最新の予測レポート ー バッテリー容量やディスプレイに関する新情報

本日、MacRumorsが、Apple関連情報ではお馴染みのKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏の次期「iPhone」に関する最新の予測をまとめています。

まず、新たな情報としては、次期「iPhone」シリーズの6.1インチモデルはPegatron、Foxconn、Wistronの3社が分担して組立を請け負うようで、それぞれ60%、30%、10%といったシェアになる模様。

また、ジャパンディスプレイが6.1インチモデル用の液晶ディスプレイの約70%を供給するとのことで、先日に報道のあったフルアクティブ液晶が採用されるものとみられています。

6.1インチモデルについては、Face IDやアニ文字には対応するものの、ホームボタンやTrueDepthセンサー用のノッチがないほぼフルスクリーンのデザインが採用され、「iPhone X」よりも最大8.5%大きい容量2,850〜2,950mAhの長方形の1セルバッテリーを搭載しており、価格は700〜800ドルになると予測されています。

次に、次期「iPhone X」と「iPhone X Plus」については、4GBのRAMを搭載し、「iPhone X Plus」は3,300〜3,400mAhといった高容量のバッテリーが搭載され、両モデルともバッテリーは現行の「iPhone X」と同じ2セルのL字型バッテリーを採用すると予測しています。
(現行の「iPhone X」のバッテリー容量は2,716mAh)

なお、次期「iPhone X」と「iPhone X Plus」では大幅なアップグレードは行われないとみられており、同氏は6.1インチモデルに人気が集中するのではないかと予想しています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。