「Face ID」を搭載した新型「iPad」に関する記述が「iOS 11.3 beta」から見つかる

今年発売される次期「iPad」は顔認証システム「Face ID」を搭載し、ホームボタンが廃止されると噂されていますが、iHelpBRのFilipe Espósito氏が昨日にリリースされた「iOS 11.3 beta」を調査した結果、同OSのシステムファイル内で、「Face ID」を搭載した新型「iPad」に関する記述が見つかったことか分かりました。

その記述とは「iPad Modern」というもので、「iPhone X」も「iPhone Modern」と記述されていた経緯があることから、これが「Face ID」を搭載した新型「iPad」を示しているものと予測されています。

今のところ次期「iPad」に関する情報はあまり漏れてきていないものの、例年通りであれば春頃にも発売されるものと予想されます。

[via MacRumors

来年発売の新型「iPad Pro」はFace IDを搭載し、ホームボタンは廃止へ

3 COMMENTS

匿名

iPhoneよりiPadの方が、Face IDは合いそうですね

匿名

筺体が大きなタブレットにFace IDオンリーモデルは要らない。
出しても良いけどiPhone 8 みたいにTouch IDの集大成モデルを必ず出して欲しい。

現在コメントは受け付けておりません。