「Face ID」を搭載した新型「iPad」に関する記述が「iOS 11.3 beta」から見つかる

今年発売される次期「iPad」は顔認証システム「Face ID」を搭載し、ホームボタンが廃止されると噂されていますが、iHelpBRのFilipe Espósito氏が昨日にリリースされた「iOS 11.3 beta」を調査した結果、同OSのシステムファイル内で、「Face ID」を搭載した新型「iPad」に関する記述が見つかったことか分かりました。

その記述とは「iPad Modern」というもので、「iPhone X」も「iPhone Modern」と記述されていた経緯があることから、これが「Face ID」を搭載した新型「iPad」を示しているものと予測されています。

今のところ次期「iPad」に関する情報はあまり漏れてきていないものの、例年通りであれば春頃にも発売されるものと予想されます。

[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。