次期「iPhone」の6.1インチモデルに関する新情報 ー アルミ製フレームを採用し、3D Touchは非搭載??

9To5Macによると、Apple関連の情報ではお馴染みのKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、今年発売されると言われている次期「iPhone」の6.1インチモデルに関する新たな予測を公開したことが分かりました。

同氏は、次期「iPhone」の6.1インチモデルは、液晶ディスプレイやアルミ製フレームを採用し、リアカメラはデュアルカメラではなくシングルカメラで、3D Touchは搭載されないと予測しています。

また、同モデルのRAMの容量は3GBで、同時に発売される5.8インチと6.5インチの有機ELディスプレイ搭載モデルのRAMは4GBになるとも予測しています。

なお、この6.1インチモデルの価格は700〜800ドルになるとみられています。

5 COMMENTS

匿名

今さら3D Touch非搭載とかSEの後継機かよって感じだなあ
それでもRAM3GBだったりサイズと価格帯的にiPhone 8 Plus後継相当だったり6.1はホント今のところよく分からない

匿名

3Dタッチはいらない
長押しで代用できるだろ

現在コメントは受け付けておりません。