「iPhone 6 Plus」の修理で本体交換が必要な場合、「iPhone 6s Plus」に交換される可能性も − 今年3月末まで

本日、MacRumorsが、Appleの認定サービスプロバイダに配布されている内部文書によると、今年3月末までの期間、「iPhone 6 Plus」の修理で本体交換が必要な場合に、「iPhone 6 Plus」ではなく「iPhone 6s Plus」と交換される可能性があると伝えています。

この情報は複数の情報筋から確認しており、Appleは「iPhone 6 Plus」の一部のモデルと述べており、「iPhone 6 Plus」のどのモデルが対象なのかは不明ですが、今年3月末までに「iPhone 6 Plus」の本体交換を伴う修理を行う場合は「iPhone 6s Plus」に交換されることがあります。
(日本でも同様の対応なのかは不明です)

また、「iPhone 6s Plus」に交換される理由も不明ですが、古いバッテリーによる性能抑制問題でバッテリー交換の依頼が殺到しており、「iPhone 6 Plus」のバッテリーが不足していることが要因ではないかとみられています。

なお、Appleの正規サービスプロバイダでは、ディスプレイ、バッテリー、スピーカー、リアカメラ、Taptic Engineは個別に交換することが可能なものの、Lightningコネクタやロジックボードなどに関する故障の場合は本体交換となるとのこと。

6 COMMENTS

匿名

6plusと6splusの間ではメモリの容量が違うので対象となった人はラッキーですね

匿名

修理に出してみようかな。
6Sは感圧センサー付きだっけ?

匿名

6 Plusユーザーはビニール袋に入れて今すぐ熱湯へ!(バッテリー膨らむか知らんけどw

匿名

交換品はガッツリ傷ついてたりロジックボードからくるカメラ不良でノイズ混じってたりと交換を繰り返す応対が続いたからあまりいい思い出がない。
再生品にも満たない検品品質はジョブズの頃から健在だった

哲やん

iPhone6の画面割れと今回のバッテリ交換を同時に修理にすると、本体交換といわれて、税込36,504 円の見積もりが出ました。
まさか、iPhone6Sになって戻ってくるのかなぁ。
戻ってこなかったら高い出費になりそうなので、修理はやめようかな。

匿名

期限ぎりぎりで6sを持っていけば7になる可能性が…?
でも6→6sほどのメリット無いなぁ…経験上再生成備品は半年ちょっとで壊れるし。

現在コメントは受け付けておりません。