特定のURLを受信すると「iPhone」がフリーズする「chaiOS」バグ、来週リリースの「iOS 11.2.5」で修正へ

数日前からiOSまたはmacOSの「メッセージ」アプリで特定のURLリンクを受信するだけでアプリがフリーズやクラッシュする「chaiOS」バグが話題になっていますが、本日、Appleが同バグを来週にリリースするソフトウェアアップデートで修正することを明らかにしました。

これはMacRumorsによって確認されたもので、以前よりベータテストが行われている「iOS 11.2.5」の正式版で修正される予定で、実際に「iOS 11.2.5 beta 6」ではこのバグに対応済みとなっています。

以上のことから、来週には「iOS 11.2.5」、「macOS High Sierra 10.13.3」、「watchOS 4.2.2」、「tvOS 11.2.5」が正式にリリースされるものと予想されます。

3 COMMENTS

匿名

対応は早いが、バグは多すぎだ。
最近のITってこんなんばっかりだな。
マイクロソフトとかも例外じゃない。

匿名

iOSの次期バージョンが11.2.3&11.2.4を飛ばして11.2.5になるのは何か記事になってましたっけ?

現在コメントは受け付けておりません。